3.12.2017

The Effector Book Vol.35 - Dumble-ish Pedals

 
 なんと1年振りのブログ更新となります。ご無沙汰するにも程がある、というモンですが、もしこのブログをまだお気にかけていただいてた方がいらっしゃれば、伏してお詫びするとともに、閲覧感謝いたします。更新を停めた理由はそれほど大したものではなくて「その気になれなかった」に尽きるのですが(笑)、いま「またやろうかな」という気になっておりますので、再開してみる所存です。

 で、当ブログ最初の更新は、過去も常々告知していました雑誌THE EFFECTOR BOOK 最新号のお知らせです。すでに3月頭に発売となっております。同誌もなんとVOL.35となりました。で、今回の大特集はダンブル系ペダル。ダンブル、つまりあのカスタム・アンプの超高級品、ダンブルの音を狙ったOD/DS系ペダルの大特集というわけです。

 ダンブルの本物を持ってる人なんてそうそういませんし、なんといってもカスタムメイドですからそのアンプの音は全部(笑)違います。弾き比べしたこともないクセに、勝手ながらそう断言しちゃいます。なのに何故ダンブル系のサウンドは多くのギタリストを夢中にするのか。そして、あの音はどうやったらペダルで再現できるのか、その仕組みは一体どうなってんのか、なんてことが特集されてます。

 やっぱりダンブルといえば70年代後半以降のアメリカンなサウンドがお好きな方にアピールする音でしょう。とはいえサンタナリトル・フィートSRVさえも愛用したダンブルですから、音の幅はやはり広いです。
 本誌とは関係ないですが、当方もつい最近ダンブル系DSペダルで有名なJ ROCKETTのTHE DUDEを買ってみました。興味わいちゃったもんで。で、使ってみて、正直ものっ凄く使い辛かったです。己の下手さ加減がそのまま出てくる、いえ、むしろ下手なやつが使うと下手さ倍増、という恐ろしい(笑)ペダルでした。クリーンで使うとすんごい美味しいペダルでもありましたが、それじゃあ意味ないし(笑)、と今悩み中です。

 さて、本誌では当方もひとつ記事を担当させていただきました。それはあのエイドリアン・ブリューのインタビュー記事です。ええ、インタビューさせていただきました。しかもとっても贅沢な質問ばかりをぶつけてみました。既にこのブログをお読みの方であればブリューに関しては説明不要かと思われます。が。

 今回のエイドリアン・ブリューのインタビューは「70年代と80年代のことだけ教えてねん」というインタビューになってます。ザッパ・バンドにいた時足下何あったの?とか、ボウイ・バンドにいた時はどうしてたの?とか、クリムゾンに参加したときなんでローランド製品ばっかりになったの?とか、クリムゾンにいたときシュワシュワいわせてたあのファズ一体何?とか、そんなことばっかり聞いてます(笑)。

 なんと言ってもド変態系ギタリストの筆頭にあげられる変態さんですから、とても興味深い返答をいただいています。あと余計なことですが「なんでロバート・フリップの編み出した変則チューニング使わなかったの?」とか、「なんであんなにギターのポジション低いの?」とかそんなことまで聞いてみました。後者に関しては「やっぱりアレ低過ぎるよね」なんていう本人の返答を頂きまして(笑)。ああやっぱりステージ上の表情そのままに、なんていい人なんだブリューさん、という印象を強く抱きました。興味を持たれた方は是非お手にとっていただければ幸いです。



 さて、少し余談を。個人的に2016年は何もかもボウイ1色、でした。今なにやら大回顧展が日本で行なわれていますが、それがあってもなくても、当方にとっては変わらずにボウイ1色の1年でした。実は去年だけそうだったんではなくて、当方の人生の大半はそういう色なんですが(笑)、それでもやはり昨年は特別な1年だったと言わざるを得ません。

 昨年の秋に、ボウイの本を1冊上梓しました。実は当方にとって初めてのボウイ本です。昨年の秋、ボウイの「74年〜76年の間の」ボックス・セットが発売になったので、それに合わせてこんな本を作りました。当然ですが、中身は74年から76年の「たった3年間」だけのことを書いています。できることは限られてますし、書ける事も当然限られます。が、一応ガンバって作ってみました。

 ボウイが亡くなって現在の状況があります。それは事実ですが、何と言っても当方の意図/本書の意図として「本人そのものと本人の業績を解析する」という本になってます。本書の主人公はデヴィッド・ボウイその人それからその作品に他なりません。そこを堅持したかったんです。だから思い出語りは極力排除しました(註:とはいえ、当方もあとがきで感傷的なことを書いてしまいましたが)。死んでも死ななくても偉大なものは偉大。そこだけは、監修者として譲れない線でした。
 人(他人)の人生を簡単に変えてしまう程に、デヴィッド・ボウイは偉大でした。もうこういう人は現れないかもしれません。わかんないスけど。



 それから最後にこのブログに関して少し予告を。再開するからには、当然のようにネタを仕込んでます。
 ひとつは偉大なる(笑)実験企画です。当方が所持する1967年製マーシャルMAJOR初期型(PIG/余談ですが、最近あれのレプリカがフランスで4台程作られましたね。安けりゃ俺も欲しいんだけどなあ)、あれをKEMPERにブッ込んでプロファイリングしてみました! その検証記事を当ブログに載せます。なーんと贅沢なことに、今回はプロ・ギタリスト(あ、えっと…あのー、彼のことですけどね。笑)が演奏し、プロの録音スタジオを使い、プロのエンジニアが作業しました。筆者の糞耳なぞあてにせず(笑)粛々と作業してみました。お楽しみに。ちなみに当然ですが当方はコルグ社から1円も貰ってません(笑)。だから素でそのままの結果をそのまま掲載します。

 それから、元マルコシアス・バンプ、現RAMA AMOEBAのアキマツネオ氏に「機材のことだけ」延々話を聞いてみた、というトンデモなロング・インタビューを当ブログ独占で掲載します。いやあ、取材した時めっちゃ楽しかったですねえ。スピーカーユニットのことやトランスのことだけでも2時間喋っていただいたんじゃないでしょうか(笑)。もちろんスピーカーだけじゃなく、その独自のアンプ理論をなるべく判りやすく&細かく解説していただいています。こちらもお楽しみに。

 KEMPERの件もアキマさんの件も双方同様ですが、一応音にこだわるギタリストなら「だれでも」読んで興味深い内容だろう、という自負でおります。自負、とは言ったものの、あまり世間的に知られてないディープな内容もあると思いますので、細かく註釈を加える予定です。以上、記事の掲載が全部終わるまではしばし時間をいただくことになる(そのくらい長いです。笑)その点は恐縮ですが、是非ご一読下さい。引き続きよろしくお願いいたします。
  

No comments:

Post a Comment